さらに高まる介護の需要【目指せ介護マスター】

伝送の利用

伝送しても介護請求は終わらない

高齢化社会を反映して、異業種からの参入も多く、未だ新規の介護関連事業所が続々と開設され続けている介護業界。その収入は、各事業所が提供するサービスに対する介護報酬です。1割の利用者負担額と9割の国保連から支払われる介護給付費で構成されています。その介護事業所の収入の大部分を占める介護給付費請求に使用されるのが、伝送ソフトです。毎月10日までに、前月に提供したサービスの介護報酬を計算して、データを伝送ソフトを使用して国保連へ送信します。しかし、気を付けなければならないことがあります。伝送が完了したからといって、そこで全て完了というわけではないのです。データを確実に送信したとしても、請求内容に誤りがあると、返戻となって戻ってしまい、その分の支払いがされないのです。

返戻の請求漏れを防ぐには

伝送は、確実にそして介護給付費の内容を正確に請求する必要があります。介護業界にとって高い需要がある伝送ソフトは、現在は数多くの種類が出ています。それぞれの事業所によって、費用や使いやすさなどメリット、デメリットをよく考えて導入する必要があるのは言うまでもありません。そして、その際、伝送後の処理についても考えることが大事になります。万一返戻になった場合、その翌月にまた再請求することになりますが、そのデータをもれなく請求にのせなければなりません。数ある伝送ソフトの中には、介護報酬を計算する介護ソフトと伝送ソフトがセットになっているものもあります。請求漏れの危険を避けるためには、そういった伝送ソフトの利用もお勧めです。

↑SITE TOP