利用するメリット | さらに高まる介護の需要【目指せ介護マスター】

さらに高まる介護の需要【目指せ介護マスター】

利用するメリット

国保連伝送ソフトを上手に利用する

国保連とは国民健康保険連合会の略称で、市町村から委託を受けて介護給付費の審査及び支払い業務を行っています。 近年、増加傾向にある介護サービスを実施する事業所の業務として、国保連への介護報酬請求があります。従前は、この介護報酬請求を郵送等で送っていましたが、介護システムと伝送ソフトの開発によって、データで国保連へ送信することが可能となっています。むしろ、現在は伝送ソフトによる請求が通常となっているようです。 伝送ソフトは販売当初は高額でしたが、現在は介護ソフトに組み込まれていることが多く、月額の利用料で使用することが可能となっています。利用料も月額数千円の場合もある等非常に割安となってきているようです。

今後の動向と需要の伸び

国保連へ介護給付費の明細等を伝送するために必要な専用伝送ソフトの需要は年々増加していると言われています。 介護サービスを実施する事業所も年々増加傾向にあると言われており、そのことがソフトの需要の伸びに繋がっています。少子高齢化が急速に進む現代において、介護を受ける方は年々増加しており、それに伴い介護事業所も増加しています。今後も、この増加は継続していくことが予測されます。 国保連は、介護サービスを実施するうえでは、必須の団体です。国保連との関係が続く以上、介護給付請求を伝送する伝送ソフトの需要は続いていくでしょう。また、ソフトを導入する際には、ネット上で価格の安い販売業者を検索することをおすすめします。

↑SITE TOP